会社案内

沿革

昭和44年6月
新日本海フェリー株式会社設立、資本金1億円
昭和44年11月
資本金2億5000万円に増資
昭和44年12月
小樽~舞鶴間、一般旅客定期航路事業免許
昭和45年3月
資本金3億円に増資
昭和45年6月
舞鶴営業所・事務所及び旅客待合室完工
昭和45年7月
小樽本社・事務所及び旅客待合室完工
昭和45年8月
第1船「すずらん丸」就航(週2便)
昭和45年8月
資本金4億5000万円に増資
昭和45年8月
敦賀営業所・事務所及び旅客待合室完工
昭和46年7月
本社を大阪に移転、小樽本社を小樽本店と改称
昭和46年12月
資本金6億7500万円に増資
昭和47年4月
札幌案内所開設
昭和47年5月
第2船「フェリーはまなす」就航(週4便)
昭和48年4月
新潟営業所開設
昭和48年4月
資本金9億7500万円に増資
昭和48年7月
第3船「フェリーあかしあ」就航(週6便)
昭和49年5月
敦賀~新潟~小樽間、一般旅客定期航路事業免許
昭和49年6月
新潟寄港便を開始
昭和50年10月
東九フェリーより「フェリーとね」「フェリーてんりゅう」を買船
それぞれ「フェリーしらゆり」「フェリーすずらん」に船名変更
昭和52年5月
新潟~小樽間直行通年運航認可(週3便)
舞鶴・敦賀~小樽航路(週8便)
昭和54年5月
小樽勝納フェリーターミナル完成、事務所移転
昭和54年5月
「ニューすずらん」敦賀~小樽間就航
昭和54年7月
「ニューゆうかり」敦賀~小樽間就航
昭和55年2月
新潟~小樽間増便(週6便)
昭和55年6月
東京事務所開設
昭和55年11月
資本金19億5000万円に増資
昭和59年7月
「フェリーらいらっく」舞鶴~小樽間就航
昭和62年3月
新潟新フェリーターミナル完成、事務所移転
昭和62年3月
「ニューはまなす」新潟~小樽間就航
昭和62年4月
「ニューしらゆり」新潟~小樽間就航
昭和62年10月
舞鶴前島フェリーターミナル完成、事務所移転
昭和63年7月
「ニューあかしあ」舞鶴~小樽間就航
平成元年2月
東京営業所移転
平成3年4月
敦賀~小樽航路の新潟寄港便再開
平成3年9月
「フェリーらべんだあ」舞鶴~小樽間就航
舞鶴・敦賀~小樽航路(週10便)
平成6年4月
「フェリーあざれあ」新潟~小樽間就航
新潟~小樽航路(週9便)
平成6年7月
「フェリーしらかば」新潟~小樽間就航
平成7年3月
東京営業所移転
平成8年5月
名古屋営業所開設
平成8年6月
敦賀ターミナル移転、新ターミナル完成
平成8年6月
「すずらん」「すいせん」敦賀~小樽間就航
平成8年7月
東京営業所を東京支店とする
平成9年4月
大阪本社移転
平成10年4月
札幌営業所を札幌支店とする
平成11年6月
敦賀・新潟・秋田・苫小牧間、一般旅客定期航路事業免許
平成11年6月
苫小牧・秋田支店開設
平成11年7月
敦賀~新潟~秋田~苫小牧間就航
平成14年4月
「らいらっく」新潟~小樽間就航
平成15年2月
「ゆうかり」新潟~小樽間就航
平成16年7月
「はまなす」「あかしあ」舞鶴~小樽間就航
平成23年1月
東京支店移転
平成24年6月
新造高速船「すずらん」敦賀~苫小牧間就航
平成24年7月
新造高速船「すいせん」敦賀~苫小牧間就航